HOME>注目記事>返済に困って任意売却を進めたいのなら専門家に相談する

任意売却を失敗しないためにはどうすれば良い?

どの手続きも債権者や買い手との交渉次第になる場合が多いです。任意整理に慣れた専門家の力を必ず借りましょう。

任意売却の流れ

  • 金融機関から電話や郵便で督促の連絡が来る
  • 督促対応の相談に乗ってくれる専門家に相談する
  • 債務の残額や今後の支払いの見込み額など現状を把握する
  • 持っている不動産の価格を適切に査定する
  • 債権者と交渉し、条件を確定させる
  • 不動産がより良い条件で売れるように買い手を探す
  • 買い手を見つけて不動産売買契約を締結する
  • 必要な場合は次の引越し先への引越し準備をする
  • もらえる場合は引越し代を受け取る
  • 売却代金の清算と権利書の引き渡しを行なう

売れるようになる手続き

男性

住まいを購入したときに組んだ住宅ローンがあり、まだ残っているなら、自分の意思だけで売ることはできないと知っておきましょう。住宅ローンを提供してくれた金融機関の許しがあって初めて、住まいを売却できます。その許しを得る方法を任意売却というので、住宅ローンを滞納しそうなら利用を考えましょう。なお、任意売却したいといえば、金融機関が勝手に手続きを進めてくれるわけではありません。お金を借りた側が行うので、やり方が分からない場合はしっかりと学ぶ必要があるでしょう。ただし、お金が借りた本人がやる必要はなく、代理の方に行ってもらってもまったく問題ありません。そのため、スムーズな任意売却を望むなら、弁護士や司法書士などのプロに確実にやってもらうことも考えましょう。

競売よりも高く売れる

家とお金

競売の場合はとにかく売ることを目的としているため、かなり安い金額になってしまうことも珍しくはありません。しかし、任意売却なら相場に近い金額で手放せるようにすることが目的なので、満足できる金額で売れる可能性が高いです。

広告募集中