任意売却とは?

住宅ローンなど借りたお金を払えなくなったときに、担保となっている不動産を売却するのが任意売却です。売却しても債務が残ってしまうケースが多く、金融機関の同意が必要になりますが、競売よりもメリットが多いので、任意売却を選択する人も多いです。

任意売却のメリット

no.1

今の家に住み続けられる可能性が残る

任意売却は購入者を選ぶことができるので、売却時の条件に賃貸契約を結び、家賃を払いながら住み続けるといった方法がとれます。

no.2

市場価格に近い金額で売却できる

よりよい条件で買い取ってくれる購入者を探せるので、競売よりも高い金額で売却できます。任意売却後の返済額を減らすことができるので、少しでも高い金額で売れることは重要です。

no.3

売却を自分の意思で進められる

金額はもちろん、売却の時期などにもある程度余裕を持てます。引越しに必要な期間も考慮して交渉を進められるため、無理なく売却が進められます。

no.4

残った債務を分割返済できる

債権者と相談は必要ですが、残った債務を現実的な方法で分割して支払っていくことが認められます。

no.5

事情を知られずに売却できる

滞納を知られることなく売却できるため、トラブルを未然に防げます。周囲の方にも自宅を高く売却できる機会があったので売却したと説明しておけば、それほど違和感もありません。

男女

プロにやってもらうことを考えよう

任意売却は誰でも利用できる権利なので、住宅ローンの支払いがピンチの方は活用しようと予定しているかもしれません。そのとき、プロに頼もうと考えているならよいですが、自分で任意売却を行おうと考えるならやめたほうがよい場合もあります。もしも、まったく知識がなくこれから学ぼうと考えているときは、競売になってしまうまでの時間を計算しましょう。あまり時間がないというのならば、せっかく学んだとしても間に合わない可能性があるので、プロに頼んだほうが賢明です。また、自分で行うことで、とにかく少しでも安い費用で任意売却を実行したいと考える方も気をつけなければいけません。なぜならば、プロに頼んでやってもらったほうが売却額が上がり、手数料を支払ったとしても得をする可能性があるからです。

高く売却できる

任意売却にはいろいろなメリットがありますが、やはり一番は実際の相場に準ずる形で住まいを売却できることです。競売は実際の相場とはかけ離れた、とても安い売却額になるので、ほぼ間違いなく大損をするでしょう。できる限り相場に近づけたいときに利用するとよいのが、自身の代わりに任意売却を行ってくれるサービスです。売却額が報酬に直結するため、少しでも住まいの値段を上げるために最大限の努力で交渉をしてくれるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中